死体の晩餐
   

「死体の晩餐」
〜動物の権利と菜食の理由

ヘルムート・カプラン著

ニトライ陽子/
田辺リューディア/
まきぼう 共同翻訳

同時代社 出版
定価 1575円
発売 3月20日

Amason通販はこちらです。

 

 日本ほど、動物虐待に満ちた国はありません。
 子供たちが動物を遊びで殴り殺すニュースが後を絶たず、保健所では年間何十万もの異常な匹数がガス殺され、都会には野良猫があふれて虐められ、荒んだ目をして潜んでいます。
 何とかしたい、と思ったことはないですか?
 たとえば野良猫をいじめたら巨額の罰金がかかるような国になったら、いいなぁ、なんて。
 この本は、そんな感覚を、理論で肯定する本です。

 ロサンゼルスでは、捨てられる犬猫の数は、日本と大差ありません。なのに保健所で殺される数は、日本の10%以下です。しっかりした法律があり、国や民間のシェルターが完備され、ボランティアの人々が気持ちよく働ける環境があるからです。行政が救助システムを作っています。犬猫を飼いたい人はペットショップでなくシェルターへ行きます。シェルターの存在をみんなが知っているので、企業も活動資金を出してくれます。誰でも気軽に空き時間を利用して、ボランティアに参加できます。
 ドイツでは、憲法で動物の権利をうたっています。生きる権利、苦しまない権利が、憲法で保証されています。
 おそらくは皆様も、本当はご存じだと思います。あなたの食卓で刻まれている食肉が、もとは生きている牛や豚だったこと。あなたの膝で丸くなっている猫と同じ、柔らかで優しい、命だったこと。なのにその牛も豚も、生まれたときから母親からも引き離され、風を感じたことなど一度もなく、ろくに麻酔も打たれずに生きたまま解体され、地獄を味わってきたことを。
 もとはドイツも、日本のような状態でした。そこへこの本が現れ、ベストセラーになりました。動物にも人間とおなじ権利を与えるべきだという運動が高まり、ついには憲法までもが変わりました。
 動物のためのバイブルです。
 虐待や捨て子をする人たちへ、理論武装して立ち向かえるようになります。

 あなたは、答えられますか?
 遊びで猫を殺して喜ぶ人間たちへ、なぜ猫をいじめてはいけないか、説明できますか?
 「たかが猫だろ」
 なんて言われて、悔しい思いをしたこと、ないですか?
 この本があれば、そんなやつらにガツンと一発、食わせてやれます。

 

   
菜食とは
   
菜食とは

 肉や魚、動物性のものを摂らないことです。欧米では働き盛りのサラリーマンなどが、若さや活力をとりもどしたくなった時に始める、ポピュラーな健康法です。地球にも体にも優しい食事です。
 当館では、人間のためでなく動物のために、菜食を紹介しています。
 もともと仏教やヒンズー教では、動物を殺すことを禁じています。生まれてこのかた動物を食べたことが一度もない人間も、大勢います。日本でも僧侶は菜食で、肉食をする庶民より長生きです。食べなければ栄養バランスが崩れるというのは、根拠のない迷信です。

 

種差別とは

 世界には、3つの大きな差別があります。人種差別、性差別、そして種差別です。
 種差別とは、人間以外の種族を蔑むことです。
 肉や魚を食べる人間は、皆、この種差別の意識を持ってます。
 あなたは隣人や家族が死んだとき、遺体を「美味しそう」と思いますか?
 相手を対等の命と思っているなら、その肉を口に運ぶなど、絶対にできません。本能が拒絶するはずです。肉を食べることができる人は、本当は心のどこかで、動物を蔑んでます。
 どうか判ってください。
 動物は、あなたと同じ命です。
 他にいくらでも食べ物がある人間が、食のためなどで殺していい相手ではありません。

 感謝して食べるのだからいいだろう、と言う人がいます。
 とんだカンチガイです。
 もしもあなたが動物なら、殺させてくれてありがとう、とさえ言われれば、喜んで死にますか?
 あなたが絶対に嫌なことは、動物だって絶対に嫌です。
 動物なら死んでもいい、との、その発想こそが種差別です。

 

菜食の段階

 たいていは、肉をやめるところから菜食を始めるようですが、動物性食材アレルギーの方など、好みにかかわらず段階4からスタートする方もおられるようです。

1、肉を食べない。
2、肉と魚を食べない。
3、肉と魚、卵や乳製品を食べない。
4、ドレッシングなどを含めた、一切の動物性食材を食べない。

 卵や乳製品を食べるのは、直接ではなく間接的な殺戮です。たいていの牧場ではプロイラーも乳牛も、命を尊重されてないことが多いです。そして、卵が産めなくなったり乳が出なくなったり病気になったりしたら殺されます。つまり卵や乳製品を食べるのは、間接的な殺戮に手を貸すことになります。
 私がもし牛やニワトリに生まれていたら。身動きもできない狭い檻に監禁され、日光もろくに浴びられず、名前を呼ばれて頭をなでられることもなく、ただ乳や卵を搾取されるためだけに生きたい、とは思いません。

 

菜食の効能

 私は菜食をはじめて半年ほどで、吹き出物がなくなり、細胞がゆっくり目を覚ましていくのを感じました。体重も5キロほど減り、ふしぎと疲れない体になりました。が。そういう健康上の効能は、ここでは論じません。
 自分ひとりだけが菜食しても、すべての動物を助けられるわけじゃなし。なんて。個人の力を小さく見積もっておられる方も、いるのではないでしょうか。
 SASA JAPANさんにお聞きしたところ、人が1年に食べる量は、牛一頭、豚数匹、鶏十数羽、魚数十匹だそうです。これはドイツのデータですので、鳥や魚を多く食べる日本人は、最低でも100匹以上は救うことになります。

 想像してみてください。
 草原で草をはむ牛。
 喉をなでると気持ちよさげに目を細めます。
 薮にのんびり寝そべる豚。
 かけっこが大好きで好奇心旺盛な子たちです。
 鶏が意外と果敢なことは知っていますか?
 犬猫相手に戦って、勝つこともあります。
 みんな、生きてます。あなたとおなじ、この世にたったひとつしかない個性と人生です。
 どうか、この子たちを助けてください。
 動物たちはお礼に、あなたに健康をくれます。

 

[猫缶HOME]