肥満

   
どんな病気か
   

 原因は、いろいろあるようです。おやつの食べすぎ、運動不足、退屈やストレスからくる過食、避妊去勢手術などです。
 本当に肥満かどうかの判断は、医者にしてもらいましょう。素人判断は危険です。

 肥満が病気のうちに入るかどうかは判りませんが、万病のモトであるのは確かです。ことに心臓に負担をかけます。体が重くなるので足腰の関節も痛めます。
 とはいうものの、まきぼう宅のミミちゃんは、今日も少々デブです。医者には5kgまでなら太ってもいいと言われてますが、これ執筆している現在2才で、すでに4kg超です。このままでは中年になったら、まちがいなく5kgを越えるでしょう。
 いろんなダイエットを試しましたが、あまり効果が出てません。やらなかったらもっと太ってたかもしれないけど。
  はたして私に、このページを書く資格があるんだろうか・・・?

 

   
症状
   

 脂肪過多、とでも書くのかな・・・。
 ぽよぽよした見た目はほんとに夢みたいに可愛いんですけどね。

 

   
治療法
   

 適度な運動。
 ねこじゃらしで遊んでも効果がないという説もありますが、動かないよりは動いたほうがいいです。脂肪の燃焼を考えると、できるだけ長時間ゆったりと、いつまでも動く遊びを考えれば効果ありそうです。

 おやつをやめる。
 おやつをもらう習慣の子、人間のごはんのおすそわけをもらう習慣のある子には、つらいかもしれないですけど、「肥満」と診断されたら止めたほうがいいです。

 ダイエット食にする。
 うちでは現在、現在の体重に必要なカロリー量の、二割減をあげています。三割減とまで書いてる本もありますが、あまり過激なダイエットをして体調崩しては元も子もありません。そのあたりは飼い主さんの裁量次第かと思います。
 ちなみに体重1kgにつき必要な一日のカロリーは80kcalです。うちはミミとダヤンふたりで8kgなので、必要カロリーは一日あたり640kcalです。この二割減なので、一日約500kcal。これだけでは量が足りないので、ほぼノンカロリー野菜のキャベツなどを煮て混ぜて、上げ底しています。

 猫は、犬以上に体重の減りにくい動物です。まちがいなく長期戦になります。

 

   
よく効く食材
   

 脂肪は減らしますが、ビタミンやミネラルは減らしてはいけません。
 ちょっと配合めんどくさいので、手作りやウエットフードの方は、ビトケアン著の「ネコの健康ガイト」をおすすめします。いいレシピ載ってます。

 

[猫缶HOME]