EITOさんちの保護日記

大阪で活動されている、EITOさんの野良保護日記です。
現在募集中の子は、
[がっちゃん]  [アイちゃん]  [トムくん]  [さつき] 
です。お問合わせは、kuniaki@cpost.plala.or.jp へどうぞ♪

 

更新停止となりましたが、EITOさんは元気です。
変わらず精力的な保護をなさってます。
どこかで見かけた時には温かく見守ってあげてくださいませ。

備忘録
どうしたんだろう自分
なんでこうなったんだろう?
Date: 2009/03/31(火)


母猫保護

8月16日付け日記で書いたお母さん猫
ツィンズのお母さん
そして土曜日に交通事故で死んだ子のお母さん猫
今朝工場に着いたら出てきてくれたのでそのまま抱っこして猫部屋へ。
定員オーバーかもしれないけれど保護しました。

力はないけれど 関わったこの悲惨な死は見たくない。
避妊手術して耳カットはしたけれど
工場を中心に暮らしているみたいだけれど
地域の人の理解を得てしてることでもないし
夜もダンプや大型トラックが通るし


明日病院へ連れて行って諸検査、できればワクチン
里親さん募集したいと思います。
Date: 2007/11/12(月)


言葉狩り
細々と活動(というほどのこも出来ていませんが)している私にもついに来た

里親 という言葉は本来人間に使われるべき言葉で
動物と一緒にされて里親(人間の)が傷ついている、不快になり嫌な思いをしているらしい。
あまりにも酷い使われ方なんだとか。


以下届いたメール


「がちゃん里親募集 管理者 EITO 様

はじめまして、
  岐阜県中濃地方里親会HP「ひまわりの会」管理人
           ○○こと○○○○と申します。

EITO様の動物愛護に関係する、すばらしい活動に対し心からの敬意を表します。
不躾ですが、お願いがあってメールさせていただきます。

ホームページ(ブログ)等で
「里親募集」等、「里親」「里子」という言葉を使わないように、御願いできないでしょうか? 
できれば、猫の里親でなく、猫「の新しい飼主というような別の呼称・表現にしてほしいのです。

理由を申し上げます。

「里親」とは、三省堂の広辞林によれば 
 [せ劼鰺造り親代わりになって育てる者
◆〇童福祉法に基づき都道府県知事の委託を受け、
保護者のない児童 などを引き取って育てる者とあります。
本来人間に対して用いられる言葉です。

ところが近年、「里親」という言葉が物や動物に対して無造作に使われています。
例えば、犬・猫の里親とか、 ○○公園の里親とか、 シャケの里親とか、
ミカンやリンゴの木の里親とか 

なんでも飼主・持主・管理人を「里親」という言葉で間に合わせている風潮があります。

そういった表現が、本来の(人間の)里親や里子達の心を深く傷つけているのです。
里親関係者は、里親や里子が間違った使われかたをしているとの印象を受け、
不快になり、嫌な思いをしているのです。

あまりにも酷い使われ方に憤慨しながらも、里親という微妙な立場からは、
表だった反対も出来ず、じっと耐えて我慢しています。

安易に里親という言葉が使われていますが、それによって、人知れず傷ついている
里親が居る事を理解して下さい。

習慣は、一朝一夕では無くせないでしょうが、御理解を頂き、言葉を改めて頂きたくお願いします」

以上全文引用でした。
こんな細々したことしかできていない私にまでメールしてくるくらいだから いつでも里親募集中 の管理人さんなんかどう対応されてるのかなぁ。

言わんとすることはわからないではないけれど この不快感はなんだろう?


数年前まではもっと不躾で上から目線の文章だったらしい。
「あんた間違ってるから改めなさい」的な。
随分改善されて上記の文章。
ここ1年ほどは進歩ないみたい。


無視すればよかったものを
大人気ない私は
「改めません 議論も致しません」
と返してしまった。
せっかく1行目にはすばらしい活動に心から敬意を表します。
と書いてくれてるのに、無視してれば良かったな。
わざわざ敵を作らなくても。
いい歳して。
Date: 2007/11/12(月)


マウスを放さない猫

お昼を食べたお好み焼き屋さんで読んだ新聞記事より

猫には全然関係ない科学ネタだったけど写真が楽しかったので。
Date: 2007/11/10(土)


子猫の死

今朝出勤すると工場の前にダンボールが
中には猫の死体
猫部屋のお世話をしてくださってるボラさんが先に見つけて箱に入れてくれてた。

実は6月末に保護した黒猫ツィンズの兄弟。
3匹の子猫が居て2匹はすんなり保護できたのだけれど
1匹がどうしても捕まらなかった。
職人さんが朝ごはんをから揚げ君にしてくれて
毎朝少しずつ手なずけて先日保護、避妊手術したばかり。
どうしようかと迷ったけれど猫部屋の定員考えるととても保護出来ない。
耳カットしてもらってお薬を飲ませる2日だけ部屋に入れてリリース。
まだ10日も経ってない。
どこに居るのかわからなかったけれど朝夕は顔出してくれてたのに。

さくら達とほぼ同い年 まだまだ子猫として里親様募集できただろうに。
兄弟たちは暖かいおうちに迎えられていったのに。
やりきれない。
力の無い私を許してくれ。

まだ名前もつけてあげられなかった。

幸せを掴んだ兄弟たち
http://blog20.fc2.com/r/riplee/file/twins.html


この子のお母さんも外で頑張ってます。
つらいなぁ





Date: 2007/11/10(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

[猫缶TOP]
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71