基本編
   

 仔猫との出会い方にはいくつかの方法があります。
 ペットショップ、ブリーダーさん、知人のうちで産まれた仔猫、etc。
 ペットショップで買ってこられた方は、前もって信頼できる獣医さんを探しておき、何か問題が起きたら即、その獣医さんに相談してください。ブリーダーさんや知人から譲り受けた方は、そのブリーダーさんなどにご相談ください。そういう由緒正しいにゃんこは、その血統独特の何かがあるはずですので、ここで述べる一般論を鵜呑みにしては危険かもしれません。
 このページは、道ばたで仔猫を拾った方を対象にしています。
 猫を飼うつもりはなかった。だけど死にかけた仔猫をみつけてしまった。見捨てることができなくて、保護したけれど、仔猫の育て方なんて知らないよ・・・。
 そんな優しい方のための、覚え書きのページです。

緊急用
 仔猫を拾ったら、とにかくすぐに獣医へ行ってください。
 獣医の開いてない夜中でしたら、コンビニでいいです。スポイトと脱脂綿と、ビフィズス菌入り牛乳を買ってください。
 そして、部屋を暖かくしてください。箱にアンカとタオルをしいて、暖かいベッドを作ってください。まだ毛も生えてないほどの仔なら、適温は30度ほどです。
 ベッドで仔猫をうつぶせにさせてください。水、もしくは人肌に温めた牛乳を、スポイトで口に流し込んでください。本当は仔猫に牛乳は厳禁です。理由は、猫の腸には人間用牛乳を分解できるほどのビフィズス菌がないため、下痢をするからです。けれど何も口にしなければ死にます。何より怖いのは脱水症状です。もともと猫は砂漠の生き物なので、水を飲むのがとても苦手です。むりやりにでも水分をとらせなければ致命傷になります。水でもビフィズス牛乳でも、飲んでくれるものを飲ませてください。
 次はトイレです。仔猫は自分でトイレができません。母猫がおしりの穴をなめ、その刺激を合図に排泄します。ウンチが三日、チッチが一日出なければ、尿毒症で仔猫は死にます。さあ勇気を出して、あなたが仔猫のおしりをなめてください!
 ・・・とは言いませんからご安心ください。
 人肌ほどのお湯に脱脂綿をつけ絞ったもので、おしりの穴を刺激してあげてください。少しでもウンチチッチが出ればラッキーです。このへんも仔猫ごとに豊かな個性がありまして、一週間便秘してても元気だった子もいます。おなかがうんちでパンパンに張ってるかどうか、獣医さんに診てもらってください。おなかを触れば空き具合がわかります。

彩女さまから情報です。
「牛乳を少し水で薄めて、砂糖をほんのひとつまみと卵黄を少々加えて、湯煎で温めて、ストローなどで与える、という手もあります」

 以上のことは、あくまで応急措置です。朝になったら獣医に行ってください。何か病気をしてないか、生後何週目の仔なのかを、診てもらってください。

 あなたの仔猫は、生後何週目でしたか?

生後1週間目
 かなりヤバいです。素人さんが育てるのは厳しいものがあります。が。預けられる猫上手の知人がいないなら、あなたの根性だけが頼りです。どうか見捨てないで、仔育てにチャレンジしてください。
 仔猫が産まれて初めて飲む乳を「初乳」といいます。あらゆるバイキンから仔猫を守る免疫グロブリンが含まれていて、強い免疫力が得られます。この初乳を飲んでないかもしれませんので、仔猫をさわる前には必ず手を洗ってください。スポイトや脱脂綿などの器具も、使う直前に煮沸消毒してください。寝箱もタオルも同様です。「初乳カプセル」など、免疫グロブリン配合サプリも売ってます。
 猫ミルクと猫哺乳ビンは買いましたね?
 牛乳やビフィズスヨーグルトや人間用粉ミルクなどは、あくまで応急措置です。長期間あげつづけるのは危険です。猫の母乳とは成分がちがうので、栄養が偏ります。人間用のそれらは猫の母乳よりは薄いので、栄養失調にもなります。必ず猫ミルクを猫用哺乳ビンで、あげてください。
 書いてある用法どおりに授乳してください。量は、下限はありますが上限はありません。2時間置きくらいに、飲めるだけ飲ませてください。とはいえ人間と一緒で生きてるものですから、個人差があります。6時間置きで済む子もいます。一日10gほどずつ体重が増えているなら順調ですので、獣医さんと相談しながら進めてください。
 ウンチチッチは上記の「緊急用」と一緒です。ミルクの前後にしてあげてください。
 絶対にしてはならないのが、飲み残しのミルクを冷蔵庫に入れること。さらにそれをレンジでチンすること。
 あなたの冷蔵庫には、人間には平気でも免疫ない仔猫には大敵の、バイキンがごっそりいます。わずか2時間でも、ミルクはダメになってます。さらにそれをレンジすると、大事なタンパク質を壊します。面倒かけて申し訳ないんですが、ミルクはその都度、作ってください。

彩女さまから情報です。
「子猫は、一日に20時間も眠ります。睡眠時間が足りないと、体調を崩します。まず、猫の好きにさせる。これは基本です。子猫は遊ぶのが楽しくて、ついつい睡眠時間が減ったりします。興奮していれば、昼寝もしてくれません。構い過ぎないように、飼い主が注意してあげて、一回20分も遊んだら、お昼寝をできるように、そっとしておいてあげましょう」

生後2&3週間目
 1週間目とたいした差はありません。
 たくさんの育児書に、乳幼児の平均体重が載ってると思いますが、もとから小柄な仔はたくさんいます。あなたの仔猫が平均値でなくっても、体重が一日10g増えているなら、それほど気にすることはありません。
 寝箱の温度は、2週間目なら27度くらい、3週間目なら25度くらいだそうです。
 ミルク、ウンチチッチ、体重増、などが順調でなくなったら、即、獣医さんに行きましょう。

生後4週間目
 そろそろ哺乳ビンでなく、お皿からミルクを飲んでくれるかもしれません。ちょっと試してみてください。だめなら、お皿で飲んでくれるようになるまで哺乳ビンでがんばりましょう。回数は一日5、6回くらいが目安です。
 ウンチチッチも、早い仔ならそろそろ自力でできるかもしれません。寝箱が汚れていないか、見てあげてください。自力でできていたら、猫砂の出番です。
 寝箱のすぐそばにトイレを用意して、猫砂を敷いて、チッチのついてるティッシュを入れてください。砂があったら掘りたくなる、掘ったらチッチがしたくなる習性があります。たいていは、いつのまにトイレを覚えてるらしいです。うちもそうでした。

生後5週間目
 そろそろ離乳食です。お皿のミルクに、ちょっとずつ混ぜ物してください。
 混ぜるものは、卵黄や粉チーズ、どろどろにすりつぶして加熱した肉や魚、などです。猫缶をすりつぶしてもかまいませんが、仔猫は大人の約3倍のカロリーを必要とします。猫缶買うなら仔猫用にしてあげてください。
 下痢しないよう注意しながら、ちょっとずつ、混ぜ物の率を増やしてください。回数は一日4回くらいです。
 おもしろいことに離乳食が始まると、ウンチチッチの匂いが変わります。水みたいだったのが、猫らしくなってきてるはずですよ。

生後6週間目
 離乳食は順調ですか?
 猫缶をそのまま食べるようになれば、おめでとう。人間にたとえれば「おむつがとれた」状態です。もう脱脂綿も哺乳ビンもいりません。今夜からは、ゆっくり眠ってください。
 ありがとう。おつかれさま。

 猫は単独狩猟者です。
 猫の世界観にいる他者は、「獲物」と「敵」と「母」だけです。
 ゆえに、ごはんをくれて守ってくれる人間は、母、と認識されます。あなたが男性でも、猫にとっては、ママ、です。
 まるで人間の子供みたいに、泣いて、甘えて、ダダこねて、あなたを慕ってどこまでもついてくる、世界一かわいいにゃんこになりますよ。

 でも、もしもあなたが、どうしても猫が飼えない人なら。
 里親探しを始めてください。方法は、当館内「里親さんの探し方」にまとめてみました。

生後8週間目
 そろそろ初乳の免疫力がなくなります。獣医さんでワクチンをしてもらってください。
 ごはんは一日3回くらいです。

彩女さまから情報です。
「生まれて約一ヶ月は、子猫は本来、母猫と一緒に巣で暮らすのが正常です。その時期は、母猫がえさを食べに出かけている間ずっと、巣の中で、兄弟達と寄り添って眠ります。この時期に一番大切なのは「保温」です。一匹だけだとすぐに冷えてしまいますが、みんなでくっついていると、温かく過ごせます。温かいこと、周りの臭いに変化が無いこと、この安心感があって初めて、子猫は正常な発達を遂げられます。
 生後一ヶ月で離乳が始まり、子猫はだんだんに巣から外へと興味を向けます。このころ乳歯が生えそろい、母猫の食器に口を突っこみ始めます。子猫は、興味とともに、恐怖を覚えます。この時期に、環境への適応力や、その子の基本的な性格が決まっていくようです。兄弟同士で遊びのケンカしながら体力をつけ、必要な動きを覚えたり、手加減の仕方も覚えます。だから一匹だけで育った子猫は、神経質で臆病な猫になりがちです。
 おおざっぱに説明しますと、
1、生まれたときは、目も開いていないし、耳も聞こえない。体重は、およそ100グラムと覚えておきましょう。生卵二個分の重さです。
2、生後一週間で、目が開きます。この時期の目の色は、灰色です。まだ、よく見えていないものと思われます。(まきぼう注釈:その後、瞳は青になります。この時期にしかみられない、仔猫独特の美しい、ブルーアイズと呼ばれる色です)
3、生後三週間もすれば、出しっぱなしだった爪も引っ込められるようになり、巣の外を覗き始めます。
4、生後一ヶ月で、乳歯が生えそろい、離乳が始まります。
5、生後二ヶ月ほどで、目の色がそれぞれの色に替わり始めます。
6、生後3〜5ヶ月で、徐々に永久歯に生え代わります。
7、約一年で、性成熟します」

最後に
 もしもあなたが猫を長年飼っていて、仔育て経験のあるお人なら。
 おそらくはあなた独自の、仔育て理論があると思います。そしてその理論が、このページと食い違っていることも、あると思います。
 正しいのは、あなたの理論です。
 ここにはあくまで一般論しか書いてありません。くどいようですが猫は生きてますから、個体差は激しいです。直接その仔を見て、命を預かり、体を張っているのは、あなたです。
 どうかこのページを見て、不安になったりしないでくださいね。この世に「絶対」はありません。母親の数だけ育児法があります。

 なお、猫を捨てるのは、動物愛護管理法違反。立派な犯罪です。
 もしもあなたが、捨てられた猫でなく、捨てる人間のほうを見かけたら。まずは声をかけて、犯罪であることを教えてあげてください。それでもその人が聞き入れないなら、住所氏名をお尋ねして、警察へ通報しましょう。
 動物愛護管理法の公式サイトはこちらです。

[猫缶HOME] [応用編へ]