応用編
   

 さて。
 「基本編」にあるのは、ただの基本です。本屋の育児書にも似たようなことが書いてあります。けれど現実の育児は、んなカンタンに本の通りになんか、いきません。いくわけないです。相手は生き物です。ほんとに十人十色なんですよ。

 そこで作りました「応用編」、うまくいかない時のQ&Aです。わたしひとりでは力不足ゆえ、以下の方々に加筆をお願いしました。

 彩女さま:おいでませ管理人さん。現在猫16匹と同居中
 Mayumiさま:現在HPは休止中。育てた猫は数知れず
 クロんさま:この道ウン十年のベテラン
 まめぼん○さま:ぼんぼんしっぽ○管理人さん。猫闘病歴長し
 りぶりぶさま:生後わずか数時間の子を育てた経験あり。

 当館は、こうした方々のご好意で生きてるサイトです♪

ミルクを飲んでくれません
 うちの場合はまったくではなく、きわめて少量、飲んでくれてました。
 こんな場合、人間の赤ちゃんも同じですが、少ない量で多くの栄養つけさせようとしてミルクを濃くするママがいます。これは胃を小さくしてしまうので逆効果です。わざと薄めにすると、体がたくさんの量を欲しますので、結果、胃が大きくなり、たくさん飲んでくれるようになります。
 どうしても飲まなければ、カテーテルで胃に直接ミルクを流す方法もありますので、獣医さんに頼んでみてください。
 さて、みなさま方のアイデアです。

「強制的に飲ませたい場合は、注射器(針は無いもの)とか、お習字用のスポイトとかで、流し込んでやります。スポンジにミルクをしみこませて吸わせた事もありますが、スポンジを一緒に食べてしまうこともあって、あんまりオススメはしません」(彩女さま)

「ほんとに生後すぐの仔猫の場合は、1日でもミルクを飲まないと危ないので、根気よく多少強引にでもあげるしかないですよね。あとはスポイトに変えてみたり。それでも飲まない時は、哺乳瓶のメ−カ−を変えたり、粉ミルクのメ−カ−を変えたりしてみると、意外と飲んでくれるかもしれないです」(Mayumiさま)

「哺乳器を使って飲まない時は、ティッシュやガーゼを使うととっかかりが出来ます。口を仰向けに向けて、3滴くらい垂らして、舐めたらまた2滴くらい垂らしてって繰り返した記憶があります」(クロんさま)

「ブドウ糖、なければ砂糖を入れると飲んだって話を聞いたよ」(まめぼん○さま)

ウンチやチッチが出ません
 たぶんチッチは誰でも出せてるような気もするのですけど、初心者さんがみんな苦労してるのは、うんちです。
 上の設問とダブりますが、ミルクを薄めにしてとにかく水分を摂らせる手もあります。同じ哺乳類ですから、人間の便秘と一緒です。繊維質と水分をいかに摂るかがポイントです。
 うちも赤ちゃん時代、うんち出なかったです。
 猫うんちを苦にして、首吊るとこまで思い詰めたことも、何度もありました。
 では、みなさまのアイデアをどうぞ。

「おしっこは、ミルクを十分に飲ませたあと、やわらかいタオルやテイッシュで、ちっちの出るあたりを「ごしごし」こすってあげれば、じわわぁ〜〜っと出てきます。
 問題はうんちです。温かいお湯で絞った、少し固めのタオルで、おしりをゆっくり、少し強めにこすってあげてください。ちょうど、母猫が舐める様子を想像してやれば、うまくいきます。タオルの温度が下がったら、こまめに温めてやってください。こういう世話は、ほんの短期間です。めいっぱい手を掛けてあげてくださいね。うんちは一日一回で良いです。あんまり神経質にならないで大丈夫です」(彩女さま)

「食事の前に、コットンやガ−ゼで、お尻を優しく叩くんですよね。それでも出ない場合は、指先にベビ−オイルを付けてお尻をくすぐると、意外と出たりします。両方とも母猫が舐めてくれるように、優しくやってあげる、って事が重要かな?」(Mayumiさま)

「理想は舐める!(爆笑)
 でも舐めれないので、舐めてもらってるような感覚を仔猫に与えるのが理想。
 ガーゼとお湯で猫の舌を作り、母猫が舐めるんだったらこんなカンジ かな?って雰囲気で、あまりガーゼが湿ってると風邪ひいちゃうから気をつけてね。しつこくすると皮膚によくないので気をつけてね」(クロんさま)

「しゃしゃぽんが、小さい時にウンチが出ない子だったんだけれど私は牛乳あげて下痢させましたw これは、良いと言えないかもw」(まめぼん○さま)
 (まきぼう注:便秘よりは下痢のがいいです。まめぼん○は裏技だと謙遜してますが、この方法は、手作り猫ごはん界の権威、ビトケアン博士も推奨している正技です)

「お湯につけながら刺激してみた?
 ウチのリプは赤ニャンの頃は5日でなかったこともあるツワモノです。でも湯につけたら出たよ〜。
 ヒト科の赤ちゃんを沐浴させる時の要領で、人肌ちょい温めのお湯につけながらオチリを刺激です。ブルブル震わせるようにしてみてね。
 とりあえずはミルクの前と後に刺激、お腹マッサージも欠かさず、優しくでも力を少しいれてするのがいいかも。 で、少し自由に遊ばせてみたら運動になって、便秘も緩和されると思うよん。
 あと、出口付近まで来てる時なら、おしりの穴の周りを、感じ的にはニキビの芯を出す感じで優しく押してみて」(りぶりぶさま)

離乳食を食べてくれません
 うちが食べてくれなかったのは、わたしがナメられてたからです。マンション管理人さんに預けると離乳食も食べるのに、わたしのとこに戻ったとたんに食べなくなりました。わたしが相手なら、鳴きさえすればミルクが出てくると思われてたわけです。猫って本当に、人間をよく見てますよ。
 ま、そんな話はともかく。

「離乳食の頃なら、柔らかいものであれば、たいていは大丈夫です。子猫用のドライフードをお湯でふやかしたものが、栄養的にもおすすめです。この時期に食べたものは、一生好むようですので、あんまり贅沢はさせない方が良いでしょう。猫は恐がりですから、急激な環境の変化に、恐怖で食欲が無い場合もあります。食べないから、と騒いでは、いっそう怖がらせてしまうこともありますので、まずは、「安心出来る場所だ」ということを解ってもらいましょう」(彩女さま)

「鶏のささみとか牛肉を細かくしたもの、魚をすりつぶしたものなんかを、ミルクに混ぜてあげてみるといいかもしれません。それでもダメな場合は、指に乗せて最初は舐めさせてあげて、それをするようになったら徐々にお皿の前で舐めさせるようにして、それを機にお皿であげるようにすれば指を舐める感じでお皿の方を食べてくれるかな」(Mayumiさま)

「メーカーを変える! 元気な子なら無理に口に入れても実はOK! おいしいってわかると急に食べだしたりするから。ちなみにドライフードをいきなりあげるのに抵抗があると思うけど。実はとても消化がいいので、そのままあげてみるのも吉! 歯がちゃんと生えているならあえて離乳食が必要とは思わなくなったよ。自発的に、遊びの延長線で食べる時があるから、おきっぱなしもいいかも?」(クロんさま)

「うーん、ゆばたんに離乳食をあげた時は、食べなくてヒヨの普通のご飯食べてたwやっぱし、消化不良で下痢してた。離乳食食べないし、何も食べないよりはマシかなと、そのまま食べさせてたよ」 (まめぼん○さま)

下痢が止まりません。嘔吐します。
 目ヤニあります。耳が汚れてます。体重も増えません。etc

 即、獣医さんに行ってください。
 ことに消化器系のは、マズいです!

寄生虫がいました
 いま、何週目ですか?
 虫下しは猫に害がないよう配慮はされていますが、殺虫剤です。生後二ヶ月以内だと、虫下しを飲ませると、死んでしまうこともあります。乱用なさらないでください。
 ノミダニなら、フロントライン・スプレーなら生後二日目から使えます。スプレーしたとたんノミダニは苦しがって毛の下から這い出てきます。じきに死にますのでスプレー後は床に掃除機をかけましょう。ただしスプレーは成虫にしか効きません。生後2ヶ月以降でしたらフロントライン・プラスが使えます。プラスのほうはノミダニの幼虫や卵にも効きますので、おすすめです。
 腸内寄生虫にはドロンタールが一般的です。生後四週齢から使えます。体重2kg以下なら半錠、それ以上なら1錠を服用です。回虫・鉤虫・鞭虫・瓜実条虫・猫条虫、およその腸内寄生虫の成虫と幼虫に効きます。

トイレを覚えてくれません

「トイレは、自分の臭いがついた場所に、します。どっかで「おもらし」してたら、それをテイッシュにしみこませて、使わせたいトイレに入れておいてあげると、覚えるのが早いようです。一回覚えたら、あんまり粗相はしません。もちろん、粗相した場所は、きっちり拭き取って、臭いが残らないようにしないと、また、そこでやらかしますよ」(彩女さま)

「これも根気よく、ですね。いろいろな場所でしてしまった時は、怒らないでいる事が大事ですよね。まずその場所をよく拭きとって、すぐ消臭剤でニオイを消します。(残ってると、またそこでする可能性アリ)ふき取ったティシュやタオルを、トイレに置いておくと、自分のニオイが付いてるので、そこでする場合があります。1度覚えてしまえば、簡単だと思うので、何回失敗しても根気よくトイレに連れて行って、そのティシュとかを嗅がせる事ですね」(Mayumiさま)

「正直に言います。猫は多分、トイレは本能で覚えます。おかーさんがいなくても、出来る子は出来るし、出来ない子はできません。よって、覚えてくれない子は一生、ダメかと思われます。
 その子がお粗相してしまう場所などを再現して、トイレにしてしまう手もあります。ベッドでしちゃうんなら、ベッドっぽいトイレを作ってそこに猫砂をほんの少し。生地の入手が大変だけど、これしかないんじゃないかな?段々生地やクッションを減らして、砂を増やしていく・・・。あくまでも気長にやらないと、失敗する可能性あり!」(クロんさま)
 ちと補足。別の機会にクロんさまから聞いた話だと、遺伝も大きいそうです。できる親の子は何もしなくても覚えるし、できない親の子はいくら教えても難しいらしいです。

「うず君にお布団にする癖があった時は、布団を掘ったら用を足す前にトイレに投げ込むの 繰り返しで覚えたけれど・・・ 用を足しちゃったらケツぺッちんの刑はしてたよ」(まめぼん○さま)

爪とぎのしつけがうまくいきません

「爪とぎは3個くらい用意して(100円ショップの安いやつでも)、猫が爪をとぎそうになったら、そこに爪とぎを置いておく。で、そこでやらせます。だいたい家の中の爪をとぐ場所が数箇所決まっていて、それを見つけてそこに爪とぎを置いておくんですよね。ウチの場合だけかもしれないですけど、そうするとその爪とぎでしかとがなくなったんですよね。慣れてきたら、徐々に爪とぎの数を減らして1個だけいつも決まった場所に置いておくと、そこでしかやらなくなりました。おかげでウチでは障子ではまったくやりません(笑)」(Mayumiさま)

噛み癖があります

 じつはこれが一番よく寄せられる質問です。
 生後半年以内は、正常な心身の発育のためには、できることなら親兄弟と一緒に過ごしたほうがいいです。遊びの中から、噛み方や力加減を覚え、猫としての社会性を学ぶ時期です。仔猫を譲り受けるときは、もしできるものなら兄弟を複数のほうが、仔猫のためではあります。でも、死にかけた子を1匹だけ保護したなど、そうも言ってられないケースも多々ありますね。その場合は、人間が親代わりになって、しつけをしてあげましょう。
 噛んだ瞬間、間髪入れずに「痛い!」と言いましょう。あとになって叱っても、猫は何を叱られたのか理解できません。噛んだ瞬間を狙います。体罰は無意味です。もともと猫は人の心にはすごく敏感です。痛がっている心のオーラだけでも充分痛いと感じている子に、さらに体の痛みを与えるのは、心を萎縮させ、いっそう臆病な子にしてしまいます。
 もうひとつは手に酸っぱいものや辛いものをいつも塗っておき、噛んだら酸っぱい、と教える方法もあります。猫はたいてい柑橘類が嫌いですが、他にもミント臭など、その子その子の嫌いなものがあります。何が嫌いか、探してみてください。ただしこれでは抱っこも撫で撫でも、猫が嫌うようになります。あまりおすすめできません。

 生後半年以内ですと、歯の抜け替わりの時期かもしれません。ただ叱るだけでなく、歯の発育も見てあげてください。噛むのは歯が痒くて、助けを求めてるのかもしれません。もしそうなら何もしなくても、時期がくれば噛み癖は自然となくなります。

よい獣医さんの見分け方
 よい獣医さん、は必須です。
 時間のある方は「よい獣医さんはどこにいる」(坂本徹也著)を読んでみてください。時間のない方はせめて獣医に行ったら、以下の2点を確かめてください。

1、わかりやすい言葉で、誠実に答えてくれるか。
 日本の獣医大では、犬猫に関することはほとんど教えていません。牛や馬、畜産動物に関する授業がメインです。よい獣医さんになるには、医師免許を取得しただけではダメです。一生自力で、ゼロから勉強しなければいけません。
 わからないことがあったら質問して、喋り方をじっと観察してください。難しい医学の話を楽しそうに喋るお医者さんは、勉強好きなことが多いです。

2、値段が良心的か。
 うちの地域は、猫の避妊手術は、メスなら30000円。オスなら15000円です。
 近所何軒かの獣医さんに電話して、避妊手術の値段を聞いてみてください。あまりかけ離れた値段を言う医者は、儲け主義の悪徳医者かもしれません。利用するときには「なぜ高いか」を調べてからにしたほうがいいかもしれないです。

3、ねこが好きか。
 犬は好きだが猫はダメ、という獣医さんもいます。
 動物病院なら捨て猫を持ち込まれることも多いです。好きなら1匹くらいは、飼っててもおかしくありません。嬉しそうに猫を抱く、猫の扱いが上手い、猫好き獣医さんを選んだほうがいいです。

とにかく不安なんです・・・
 初めての育児のときは、育児ノイローゼになりがちです。
 睡眠不足と過労でボロボロで、右も左もわからないのに責任は重大で、泣きたくなる日もあるでしょう。
 うちでよければ愚痴ってください。BBSでお待ちしてます。誰かに悩みを聞いてもらって、独りじゃない、て思えたら、すこしは心が軽くなりますよ。

 お役に立てましたでしょうか?
 仔猫育ての経験者さん、ことにミルクやウンチにいい裏技をお持ちの方、いらっしゃいましたら、ぜひぜひ、教えてください。本気で待ってます。

[猫缶HOME]