猫の毛色と性格

猫の性格は、あるていど、毛色によっても判るそうです。
あなたはどんなにゃんこがお好みでしょう?

黒色の子は、哲学者タイプ。物静かで、長く飼えば飼うほど、飼い主を理解して寄り添ってくれます。
賢い子なので、穏やかに接してあげましょう。
食事は、嗜好性が高く、食べるものは限られるかも?逆に考えれば、決まったもので満足してくれるので、楽です。(缶詰はマグロ缶しか食べない、とか)
静かな暮らしを願う人向き。
赤毛の子は、少々おっとり、が過ぎるかもw
優しくて、ぽ〜〜っとしたところが、また可愛い。根に持たないタイプなので、飼いやすいです。
食事にも、あまりうるさくない。カリカリでも、全種類おっけ、みたいな?
可愛がりたいタイプの方に。
三毛 三毛猫は狩りが上手。子育ても得意、面倒見が良い。良い母猫になります。
生まれる子は、さまざまな色が出ますから、その意味でも「楽しみ」が増えるかも。数頭飼う場合の、猫同士の潤滑油にも、なってくれますよ。
みんな、ほとんどが甘えん坊です。
白い猫さんは、見た目通り、高貴なタイプ。
おしゃれな人向きです。ほんの少しですが、飼い主と距離をおくので、「ぺたぺた」甘えて欲しい方には、物足りないかも。でも、決して「冷たい」のではありませんよ。
黒猫さんとは違ったタイプの「哲学者」なのかも。
雉猫さんは、おっとりタイプとハンタータイプに分かれます。
おっとりさんに当たったら、おみやげにバッタや蛙を持ってきてもらうのは、あきらめましょう。その代わりに、膝の上でごろごろ言ってもらえる楽しみがあるでしょうけど。
情報提供:彩女さま

とはいえ、どんなにゃんこも、猫です。
ぷりぷりの肉球、きらきらのお目々、
どーみても誘ってるとしか思えないお口、
ふっかふかの、たまらんお腹、
甘い、甘ぁい「みゃぁぁん」な声が、
もれなく全員、ついてきます。

そして夜、あなたのふとんに、もぐりこみます。
愛してる、と体全部で伝えてくる、
とろけるような表情で、寝息をたてます。

しあわせ、やすらぎ、ぬくもり。
ちいさな体いっぱいに、暖かいものが溢れてる。
あなたなしでは生きていけない、
はかない、ちいさな命です。

 

にゃんこ、いりませんか?

 

 

[猫缶HOMEへ]