掲示板をご利用になられる上での、
いくつかの決まりごと、
決まってはいないけどお願いしたいこと、
いろいろ書いてます。

 

保護主さまへ 里親さまへ 里親さまへ2

保護主さまへ

 

以下の方は、里親掲示板へは書込不可です

・自家繁殖の方
飼い猫は、去勢避妊をお願いします。
困ってるにゃんこは大勢います。
猫を飼える友達には、困ってる猫を紹介してほしいのです。
自分ちで増やして友達に猫をあげることは、
困ってるにゃんこの行き先を減らす行為です。
なにとぞご理解をお願いします。

・業者の方
上記と同じ理由で、当館は生体販売に反対です。
良心あるショップやブリーダーさんもいるのは、
知ってはいますが、プロの方々は、
ご自身の販売ルートをご利用下さい。
独自の顧客網もない人は、そもそも事業者失格です。

・自己都合で手放される方
転勤や家族のアレルギーで手放されるケースを、
ときどき目にします。
一度は家族として暮らした猫です。
本当に手放すしか手がないのか、
もう一度、考えてみていただけませんか?
よほどのご事情以外は、利用をご遠慮ください。
自分は特殊事情だとおっしゃる方は、
事前にメールくださいませ。
メールなしの書込は、無条件で削除します。

 

里親さんが決まったら

うちの掲示板以外のルートで決まったのであっても、
決まったよ、というご連絡が欲しいです。
メールでも掲示板でもかまいません。
せっかく見てくれた里親希望者さんたちに、
ご迷惑をおかけします。
なにとぞ大人のマナーをお願いします。

 

里親さまへ

里親さまへのお願いは、保護主それぞれが決めます。
この項に書くのは、ほとんどの募集案件で、
よく条件とされてることを、
当館からも改めてお願いするものです。

 

・終生飼養

死ぬまで愛してあげてください。
飽きたり捨てたり、しないでください。
こんな事をわざわざ確認しなきゃいけないのは、
捨てる人が実在するからなんです。

 

・完全室内飼い

お散歩させないでください。
FIVや白血病の感染、交通事故も怖いです。
ついうっかり窓閉め忘れて猫が出ていき、
二度と帰ってこなくなること、少なくないです。

近所の方々にも迷惑かけます。
猫は、花壇でチッチするのが大好きです。
人様の小鳥やハムスターを殺すのも好きです。
あなたが被害者だったら。
愛する小鳥やハムを、たかが遊びで殺されたら。
どう思いますか?
「だから猫は嫌いなんだ」と、
猫嫌いの人々に言わせているのは、
わたしたち自身です。

 

・避妊去勢手術

手術しないと年老いてから、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、
怖い病気にかかりやすくなり、寿命が縮みます。

手術しないと発情期には、男の子はものすごいスプレー、
女の子は半狂乱で鳴きまくりをします。
恋人求めて家を脱走して、
二度と帰らなくなることもあります。
発情がくるたび納屋に閉じこめるのは、
かわいそうです。

いま日本では、年間何十万匹もの猫が、
保健所で殺されています。
これらの猫の大半は、まだ目も開かない仔猫です。
避妊去勢をしないで飼う人が、
産まれた仔猫を保健所で殺します。
こんな飼い方は、無責任です。

手術は、かわいそうではありません。
健康と長寿の素で、正しい飼い方です。

 

・ワクチン接種

ワクチンを含め、健康管理をしてください。
おかしいな、と思ったら、病院に行ってください。
こんな当たり前のこと、わざわざ書いてあるのは、
具合が悪そうでも病院に行ってくれない人が、
どこかにいる、てことなんでしょうね。

 

・ペット可住宅

たいていの保護主さんは、ペット可住宅を、
譲渡の条件にしています。
大家にバレて「出てけ」と言われたときに、
猫を捨てる人がいるからです。

まきぼうはペット不可の分譲マンションです。
どうしても不可住宅では猫を譲っていただけないか、
とある保護主さんに、伺ってみました。
すると保護主さんいわく、
「全世界を敵に回しても猫守ってくれそうな人なら、
お譲りすることも、たまに、ある」のだそうです。

もしもあなたが、ものすごく惚れた猫をみつけたら。
保護主さんにアピールしてみてはいかがでしょう?
手段はメールか電話だけです。
「この人なら全世界を敵に回しても」
と、万が一、思ってもらうことができたら、
あなたにも、にゃんこゲットのチャンスはあります。

ただ、やみくもに要求を口にする前に、
まずはペット可住宅への引越を考えてください。
最近ペット可マンションは増えてますが、
規約をよく見ると「小型犬一匹まで」のところも、
少なくありません。
猫も可かどうか確認して、物件選びをしてください。

 

里親さまへ2

たくさんの募集記事があって、どの子を選ぶか、
迷うお人もいることでしょう。
選び方、意外な穴場のご案内です。

 

・大人猫

 大人猫は、お迎え後のトラブルが少ないです。
 あなたの家には、先住猫、音に敏感な家人、
猫との暮らしが初体験の家人、なんて、
いませんか?

仔猫は最初の一年、騒音の嵐です。
 うちのダンナは音に敏感なので、最初一年は、
不眠症でずっと悩まされてました。
もちろん物も壊しまくります。ご覚悟ください。

大人猫は、顔と性格が完成してます。
 仔猫の頃は先住猫とうまくいってたのに、
大人になったら喧嘩ばかり、という後発のトラブルが、
激減します。
はじめから性格がわかってますから、
先住猫の性格にあわせて、
相性のいい子を選ぶことができます。

大人猫は、体も丈夫になってます。
多少のことでは病気もしにくいでしょう。
猫に不慣れな家人が、少々おかしなことしても、
逃げる術を知ってます。

なぜか、感謝の心を知っている子が多いです。
 食後に甘えてきて「ごはんをありがとう」
なんて仕草をする子もいました。
苦労を知る子が多いせいでしょうか。
賢くて優しい子が多いように見受けられます。

 なつくかどうかは、猫本人の生まれつきの、
気質によるところもあります。
うちで里子にした大人猫は、主人の半身と化してる、
超ベタ馴れです。
なつく猫か、なつくならどんななつき方するか、
最初から判っているのが大人猫です。
また。
虐待されて心が凍った子をあえて引き取り、
ありったけの愛を与えてベタ馴れにする、
一度しか見ることのできない進化を堪能するのも、
大人猫の醍醐味のひとつです。

人間がそれぞれ自分だけ過去を持つように、
大人の野良もみな、自分にしかない、
人に言えない哀しい苦しい過去があります。
病気を抱えた子もいます。
心に傷ある子もいます。
その過去ごと、まるごと抱きしめてあげるのが、
本当の愛だと思います。

 

・多頭飼いのススメ

少々猫自慢になりますが、うちの姉妹猫は、
大人になってもベタベタの仲良しです。
生まれたときから一緒にいる同腹の子たちに、
多い現象だそうです。
猫は一匹でも可愛いけど、複数いると、
もっと可愛いですよ。
もし、同腹の兄弟猫が、一緒に里親募集されてたら。
兄弟まとめて引き受けてみませんか?

とはいえ人間同士と一緒で、相性があります。
どんな組み合わせが仲良くなるかは、
ケースバイケースです。
その子の性格をよく知る保護主さんに、
まずは問い合わせてみましょう。

 大人になって野良生活を経験したことのある猫は、
例外も多々ありますが、
社会性、協調性が身についてることが多いです。

 

 

[猫缶HOMEへ]