本館
   

 ムツゴロウさんのお言葉です。
 「犬猫が食べて美味しいものは、人間が食べても美味しい」

 わたしもそう思います。

 うちの子たちは、まだ仔猫のうちから尿疾患がありました。缶しか買えないので、缶かレトルトの総合栄養食のみを扱ってます。
 ただし一般食にも美味いものはありますので、むっ、これは紹介したい!と思うものは載せてしまってます。
 総合栄養食、とはAAFCO基準に合格した、平均的栄養調整済フードです。一般食、とは、それ以外です。総合栄養食は基準に合格などと書くと立派なフードに聞こえますが、あくまで平均的猫用なだけで、あなたの猫用でないことは、ご留意ください。

 生き物の世界に「絶対」はありません。
 人間だって、生まれてすぐ風邪で死ぬ子もいれば、阿片を60年打ちつづけて元気な爺ちゃんもいます。
 生きてるからこそ、激しい個体差があります。
 万民に効く万能薬も、万能ごはんも、ありません。
 だからこそ、わたしたちがまず自分なりの考えを持ち、その子の体質や性格を把握して、「うちの子」向けのごはんを探す必要、あると思います。

 このレポートは、あくまで素人の一個人の感想です。

量販店で買えるもの編

マ○ターフーズ・リミテッド フ○スキー アイリスオ○ヤマ

マ○ハ フーヅリン○ス アイムス PETLINE

Hill's社 いなば食品 はごろもフーズ 特別編

通販で買えるオーガニック編
(購入ご希望の方は当館リンクページへどうぞ)

犬猫食研 日本冷凍ペットフード ワン・フー

おやつ工房 アズミラ ディーンズ イノーバ ニュートロ 

総論

 

 

量販店で買えるもの編

   
マスター○ーズ
   
カル○ン デリカスタイル子猫用
    まぐろ味、カニカマ入りまぐろ味
    85g、市場価格およそ70円〜90円
 あんまり美味しくなかったです。
 味の種類の少ないのも難でしょか。

カル○ン デリカスタイル
    まぐろ味、まぐろと舌平目、海老すり身入りまぐろ、
    カニカマ入りまぐろ、まぐろとさけ、かつお、 まぐろとあじ、
    近海小えび入りまぐろとささみ、まぐろ入りかつお、
    海老すり身入りかつお、白身団子入りまぐろとささみ、
    チーズボール入りまぐろとささみ
    85g、市場価格およそ70円〜90円
 まあまあのお味、かな。
 安いツナ缶を、だしでおいしく仕立てた感じですね。
 素材力ではなく調理力の勝利。

カル○ン 素材セレクション
    白身魚味、特選ささみ味、特選ささみ海老入、
    ぶつ切りまぐろ味 ぶつ切りまくろのしらす入り味、
    特鮮まぐろしらす白身魚味、
    こだわりビーフ味、こだわりビーフ&チキン味
    85g、市場価格70円〜80円ほど
 まあまあ、でした。
 同シリーズとしてはデリカの次に気に入りました。

カル○ン トール缶
    まぐろ味、まぐろと白身魚、まぐろとたい味、
    まぐろとささみ味、あじ、ビーフ
    185g、市場価格およそ三缶250円ほど
 吐きたくなるほど不味かったです。
 ちょっと舌が痺れました。

キティキャ○ト
    まぐろ味、まぐろとささみ味、まぐろとあじ味
    175g、市場価格およそ三缶200円ほど
 カル○ン廉価版とのこと。ものすごい悲惨なお味でした。
 まぐろ味がなぜ、ほのかに、すっぱいのですか・・・?

業界ナンバーワンの会社なのだからと、食前は、ひそかに期待してました。
食後は、たくさん水を飲みました。
御社は某大財閥グループの一員ですよね?維新後からの日本財界をしょって走った「東洋の海上王」の末裔の、名に恥じない製品を、いつか作ってくださると信じることにします。

目次へ戻る


   
フ○スキー
   

モン○チ 子ねこ用
    ビーフ味、白身魚&まぐろ味
    85g、市場価格およそ70〜90円ほど
 涙が出るほど、不味かった・・・。
 ボロボロの固いスポンジが、口の中にしこって飲み込めない。
 せっかく製造してくださった方々、ごめんなさい。

モン○チ ゴールド トレー
    厳選まぐろ味、まぐろフレーク味、
    かにかま&おかか入りまぐろ味、ささみ味、いわし味
    80g、市場価格およそ120円ほど
 普通、かな。
 素材はどの缶も鮮度ないけど、半固形ゼリーがとっても美味い。

モン○チ 和風
    牛肉の角煮、白身魚の角煮、まぐろとサケの角煮、
    角切り煮込み、
    85g、市場価格60円〜80円ほど
 ふんわり煮えてます。これは気に入りました。
 素材力というよりは調理力あり。

モン○チ オリジナル
    ビーフ味、ターキー味、まぐろ味、白身魚とまぐろ味、
    舌平目&えび味
    85g、市場価格およそ80円ほど
 フリ○キー独特のパテ臭がきつい。味はなし。素材感もゼロ。

モン○チ ネスレピュリナ
    ビーフのテリーヌ味、舌平目のテリーヌ味、
    七面鳥のテリーヌ味、白身魚のテリーヌ味、
    ビーフの粗挽き味、チキンの粗挽き味、
    牛肉の和風角切り味、白身魚の和風角切り味
    85g、市場価格およそ70円ほど
 上記オリジナルシリーズのリニューアル版とのこと。
 不景気ゆえ原価を下げるための改悪と思われます。

フリ○キー レトルト
    ミックス味、バランス味、まぐろステーキ味
    85g、市場価格およそ90円ほど
 ミックス味はそこそこでしたが、まぐろステーキは、趣味が合いませんでした。

フ○スキー レトルト、ネスレピュリナ
    まぐろと白身魚味、同左しらす入り、同左ささみ入り、
    同上かにかま入り、同上舌平目入り
    80g、市場価格およそ70円
 こちらも上段レトルトの改悪版。
 魚などの身が減り、ごまかしのゼリーが増量してます。

フリ○キー だしまぐろ
    しらす・白身魚入り、ささみ・白身魚入り、舌平目・白身魚入り、
    80g、市場価格およそ80円ほど
 まずかったです。舌触りも固くてゴワゴワ。

フリ○キー トール缶
    まぐろ味、ミックス味、かつお味、かにかま味
    バランス味、フィッシュミックス味
    175g、市場価格およそ三缶200円。
 ごめんなさい。不味かった・・・。
 古い生魚を寄せただけ。魚のジューシーさはまったくなし。

昔テレビで流されたモン○チの、キャビア使ったCMに憧れてました。いつか猫を飼ったら 食べさせたいと思い、実際に食べさせていました。このような試食レポートを書かねばならないことを、とても悲しく思います。

目次へ戻る

   
アイリスオーヤマ
   
ムツゴロウのペット王国・レトルトメニュー
    チキン&野菜えび入り、チキン&ホタテ入り、チキン&あさり入り
    60g、定価110円(量販店等の市場価格は88円が多い)
 文句なしに美味い。
 総合栄養食ではないので、当館で評価すべきではないのですが。
 美味すぎたんで、つい。

ムツゴロウのまぐろ白身
    ささみ&チーズ味、ささみ&えび味、ささみ&しらす味、
    そぼろしらす味、ささみ&カニカマ味
    85g、定価120円(量販店等の市場価格は88円が多い)
 これも文句なし。
 ただ気になるのが、シリーズの他製品はオーストラリア産。
 シリーズ用のHPにも商品宣伝されている。なのに缶詰だけは、
 専用HPには記載なし。タイ原産。
 缶だけ継子扱いなのが、ちと不安です。

もとは生活用品メーカーですよね。御社の家具は、機能的で大好きです。
それがペット用とはいえいきなり食品業界に乗り出し、畑さんという超大物を担ぎだした商品企画力には、脱帽しました。この夢の商品はぜひヒットしてほしいものだと、量販店で商品見かけるたびに祈っています。
猫のフードは嗜好品です。酒や煙草とおなじでブランド力により売れるものです。長い時間をかけてブランドイメージを育て、細々とでも長く買い続けるファンをいかに増やすかが、促販への近道です。どうか、家具のような性急な販売戦略をなさらないよう、お願いいたします。

目次へ戻る

   
マ○ハ
   
黒○まぐろ
    しらす入り、おかか入り、ささみ入り
    80g、市場価格60円〜70円ほど
 ちょっと味が濃いです。
 調味料は厳禁のはずなのに、なぜでしょう?

黒○
    まぐろ味、まぐろにささみ入り、まぐろにしらす入り
    まぐろの白身のせかつお味、しらす入りかつお味、
    ささみ入りかつお味、かつお節入りかつお味、
    かにかま入りかつお味、
    160g、市場価格およそ80円ほど
 ノーコメント・・・。
 うちの子たちの食いつきも良くなかったです。

黒○プレミアム
    フィッシュ味、にぼし入りフィッシュ味、ささみ入りフィッシュ味
    160g、市場価格およそ100円ほど
 不味かったです。すみません・・・。

気まグ○メ
    ささみ入りフィッシュ味、しらす入りフィッシュ味、
    まぐろ味
    170g、市場価格およそ50円
 わたしだって、たまには誉めたいんですけどね・・・。

黒○パウチ
    まぐろとかつお味、しらす入りまぐろとかつお味、
    ささみ入りまぐろとかつお味、
    かつお節入りまぐろとかつお味、
    80g、市場価格およそ80円
 黒○まぐろよりは良かったです・・・。

人間用食材の会社なのだからと、わたしが期待しすぎたのでしょう。
ひごろスーパーで見かける人間用同社製品にくらべて、格段に鮮度が落ちました。

目次へ戻る

   
フーヅリン○ス
   
ニャン・ミー ○の幸
    170g、市場価格およそ80円
 まあ普通。ぶつ切りごたまぜの素材はそう悪くない。
 これで調理力があれば、値段考えれば礼を言いたいほどでした。
 ・・・カネ払った人間は納得してますが、うちの猫には不評でした。

企業努力は認めます。

目次へ戻る

   
ア○ムス
   
ア○ムス猫缶
    オーシャンフィッシュ味、ラム&ライス味、
    ターキー味、チキン味、キャットフィッシュ味、
    ビーフ味、サーモン味、

声を大にして不味いと叫ぶほどではなかったです。
平均点、かな・・・。

目次へ戻る

   
PETLINE
   
きはだまぐろとささみ
    しらす入り、おかか入り
    80g、市場価格80円ほど
 値段と質の釣り合いがとれてます。つまり、その・・・。

いや、その、猫砂のほうは愛用させていただいてます。
お世話になってます。

目次へ戻る

   
HILL'S
   
サイエンスダイエット・グロース(子猫)用
    156g、定価140円
 美味いも不味いもなく、まったくの味なし。
 もちろん素材感もゼロです。

サイエンスダイエット・ヘルシーツナ・グロース(子猫)用
    オリジナル味、チキン&パンプキン味、キャロット味
    85g、定価140円
 チキンやキャロットのほうが、オリジナルより美味かったです。

サイエンスダイエット・メンテナンス・成猫用
    シーフード味、ビーフ味、レバー&チキン味
    156g、定価140円
 不気味なほど、味がまったくないです。

サイエンスダイエット・ヘルシーツナ・メンテナンス・成猫用
    オリジナル味、チキン&パンプキン味、キャロット味
    85g、定価140円
 美味かったです。デパ地下の高級惣菜レベル。
 食材だけでここまでの味が本当に出るなら、料理を習いたいです。

米国獣医師会推薦ナンバーワン・ブランド。たしかにツナのほうは美味かったです。ただ気になるのは、美味すぎること。これ、本当に調味料ナシですか?
食いつきを良くするために、こっそり塩砂糖を入れてるブランドは多いですね。幸か不幸か管理人の舌では確証が持てませんでしたが、田舎の畑、農場の香りはしませんでした。
この商品から、大企業病という独特の悪意を感じたのが、わたしの気のせいであってほしいと祈っています。

目次へ戻る

   
いなば食品
   
CIAO
    まぐろ&ライス まぐろ&とりささみ・チーズ
    まぐろ&すなぎも・チーズ まぐろ&いりたまご
    まぐろ&おかか(かつお節)とりささみ・チーズ入り
    まぐろ&しらす・とりささみ入り
    ほたて貝柱
    85g。市場価格およそ100円。
 ゼリー部分は少ないです。
 栄養調整をゼリーに頼らず、素材でがんばったかな、という感じがします。

CIAO 低脂肪パウチ
    とりささみ&まぐろ とりささみ&しらす
    とりささみ&かつお
    80g。市場価格およそ100円
 低脂肪というとパサパサしそうな気がしますが、上記のものと、それほど味覚は変わらなく感じました。80gはふつうは80kcalくらいあるものですが、この三種はおよそ50kcalです。太目のにゃんこにはオススメかも。

前々から「美味い」と聞いてましたが、一般食なので敬遠してました。食わず嫌いはいけなかったようで、食べてみるとそこそこ美味かったです。
国産だそうです。合成保存料、合成着色料なし、緑茶成分入りで糞尿の消臭効果あり、と書いてあります。個人的に、にゃんこのチッチウンチの匂いは好きなので、消臭効果は外してほしいです。

目次へ戻る

   
はごろもフーズ
   
CAD(提供:楽みかん♪ちゃん)
    ささみ入りまぐろ
    80g。市場価格不明。
 さっぱりしてます。ただし一般食。
 写真はこちら

昔馴染みのおともだちが泊まりにきてくれた時の、ミミとダヤンへのお土産です。ほんとはここでは総合栄養食のみ評価してるんですが、最近、美味い一般食をよく食べるんで、掲載基準を見直したほうがいいかもしれないと思いました。

目次へ戻る

   
特別編
   
WHISKAS(提供:ふくちゃん)
    ラベルはイタリア語なので読めない。
    食べた感じはレバーかもと思います。
    190g。市場価格不明。
 いわゆるカ○カン海外版。味は、うーん・・・。
 レバー固形でトール缶は初めて食べました。
 写真はこちら

GOURMET(提供:ふくちゃん)
    こちらもラベルがイタリア語なので読めない。
    195g。市場価格不明。
 フ○スキー海外版。味はおんなじ。
 でもパッケージはカッコいいです。写真はこちら

おともだちのシチリア土産です。 マフィア風味のシチリアニャンコが召し上がるかと思うと、硝煙とスパゲティの香りを感じます。
ふくちゃん、ありがとう!

目次へ戻る

   

   

通販オーガニック編

   
犬猫食研
   
たまの玄米ごはん
    チキン味、フィッシュ味
    150g、定価250円
 美味いです!
 完全な無添加自然食、が謳い文句です。
 真偽のほどはわかりませんが、この匂いはたしかに、薬品じゃない。必要給与量 が他社の半分以下。一日所要費で計算すると、質を考えれば激安です。儲けを捨ててでも高品質に命をかけた、証しの数値に感じます。
 質実剛健、美しい日本の匠の技です。当館イチオシ品。

犬猫さんちのHPは可愛いです。デザインもネーミングも、こんなにキュート。
でも中身は深いです。町の工場がこの不況にもかかわらず、玄米ひとつにプライドかけて、作っているのが伝わります。
必要給与量が少ないのは、それだけ良質の食材ということに思えます。
食材は古くなるほどにタンパク質が壊れ、中身が空っぽになります。
古肉から必要タンパク量を摂ろうとすると、たくさん食べなければなりません。
たくさん買ってもらえるのでメーカーは儲かります。
そんな、みんながやってる上げ底を、この会社はしていない。
仕事を誇り、商品を愛している人たち、なのですね。

とはいえ猫のごはんは、習慣性の強い嗜好品です。
人工香料しか受け付けなくなってる子には、本物の自然食ゆえに辛いかもしれません。
当館の手作りレシピページにある、ごはんの移行のしかたを守ってくださいませ。

目次へ戻る

   
日本冷凍ペットフード
   
とろニャン
    ハンバーグタイプ、フレークタイプ
    一食100g、市場価格140円
 まぐろっ!!! というお味です。

アイデア商品。まぐろの町の三崎で水揚げされた人間用まぐろを、そのまま-40cに冷凍されました。無添加総天然とのこと。
これを手作りごはんのベースにすると、面白いです。うちで解凍しようとしたら、まだ凍ってるうちから家中にまぐろの香りが漂い、猫がワクワクしてました。
味の評判も、うちの子たちには上々でした。

目次へ戻る

   
ワン・フー
   
ワンフー レギュラー
    成猫用
    80g、通販価格150円
 納得のいくお味です。
 しゃりしゃりと、砕いた骨の食感あります。 謳い文句はウソじゃないなと、個人的に感じました。

作り手のモットーが、わたしの理念とかなり一致してます。
猫族はみんなトラもピューマも、自分の体長にあわせて獲物を決めます。生きた獲物をとらえたら、まるごと食べます。その猫に、自分じゃ絶対狩れない牛やマグロをしかも一部分だけ与えるのは、何かちがうんじゃないか、ということで。
ワンフーのごはんは、鳥と兎です。イエネコが狩れるサイズの生き物を、まるごと使って、砕いて加工したそうです。
惜しいのが、一般食だということです。これがもし総合栄養食なら、うちのメインごはんにしてました。通販サイトにはドライフードも売ってますので、ドライと併用の方にはオススメです。

目次へ戻る

   
おやつ工房
   
FDオーガニック・フリーズドライ・ささみ3本入  通販価格680 円
FDオーガニック・フリーズドライ・チキンレバー40g 通販価格880 円
ささみふりかけ60g 通販価格450 円
にぼしふりかけ60g 通販価格300 円
ササミジャーキーソフト50g 通販価格480 円
ササミジャーキー細切りロング120g 通販価格880 円
 ふわっと口の中で溶ける食感あります。
 ひさびさの大ヒットです。いい香りがします。化学着香料でギトギトにして無理に食べさせるのじゃなく、お肉本来の旨さで自然に食べたくさせる素材です。人間用のお肉でも、高くて新鮮なものはジューシーで、とろけますよね。あの旨味です。
 いままで試食をしてきた中では、素材力では、ここがトップです。

現在、都心の大手デパート等では店舗販売あるそうです。
「ことにFDオーガニックチキンは四国が産地で、周りの農場でも無農薬を厳守し、無菌状態でFD加工したものです。ササミとレバー以外は京都の料亭や東京の一流ホテルで提供されている鶏です。もちろん、添加物等は一切使用しておりません。缶詰等とは異なり味付けも皆無ですが、噛むほどにササミ本来の味が甦るように丁寧に生産しております」
との担当者さんのお言葉です。
この言葉、食べてみれば納得します。
このレベルの実力があれば、AAFCO基準の総合栄養食も作れると思うんですが、主食を商品開発なさるご予定があったら嬉しいなぁ。

もしもあなたが手作りごはんを勉強中で、にゃんこが手作りを食べなくて困っているなら。
ここのおやつをみじん切りにして、手作りごはんに混ぜてはいかがでしょう?
うちでは、かつぶし&刺身トッピングよりはるかに効果がありました。

目次へ戻る

   
アズミラ
   
ビーフ&チキン 170g 280円
オーシャンフィッシュ 156g 280円
オーストリッチ&エミュー  170g 300円
ラム&バーレイ 156g 300円
 猫缶にはフレークタイプとパテタイプがありまして、日本の猫缶はほとんどがフレークタイプです。海外製はパテが多いです。じつはわたしはパテが苦手で、これはパテでした。
 着香料も薬品臭も塩味もなく、うちの子たちにはそこそこでした。人間の口に合わなかったのは単なる好き嫌いかもとは思います。

製造元のインフォメーションによれば、合成保存料、防腐剤、着色料、香料は一切使っておらず、人間用の魚の缶詰工場で製造し、材料はすべて最高品質のA級の肉、とのことです。平気で4Dミートを使ってくるメーカーが多い中、この謳い文句が本当ならば、有難いお話です。
オーガニックで有名な米国ブランドですので、通販だけでなく店舗販売も、しているお店はあります。AAFCO基準も満たしていて総合栄養食。主食に向いているようです。

目次へ戻る

   
ディーンズ
   
鶏肉&七面鳥+ハーブ 100g 250円
兎肉&鶏肉+ハーブ 100g 250円
鮭&海老+ハーブ 100g 250円
 ことにチキン&ターキーが、美味かったです。このまま温めれば塩コショウもなしで、わたしならおいしく夕食の一品としていただきます。
 ただ、かなりの「いい匂い」がしました。美味そうな匂いです。これが香料じゃなく素材だけの匂いなのかが、ちと確証持てませんでした。あてこすりでそう書いてるのじゃなく、本当にわからなかったです。

こちらは英国の有名オーガニックです。品質基準はAAFCOではなく、MAFF(英国農業漁業食糧省)が適用されます。もちろん基準はクリアしていて、「防腐剤を含む人工的な添加物・着色料・香料、大豆蛋白質、乳製品を含有しておりません」とのこと。英国でのペット自然ハーブ食事療法の先駆者です。
英国といえば、紳士の国で、犬の国です。徹底した動物愛護と動物管理で有名な国です。アメリカ人に「大丈夫」と言われると逆に不安になりますが、イギリス人に「大丈夫」と言われると安心するのは、国のイメージに縛られすぎかもしれません。

目次へ戻る

   
イノーバ
   
キャット缶 156g 230円
ライトキャット缶 156g 240円
 すみません。個人的に苦手なパテなので、肉に関してはノーコメントです。入ってる野菜は本物でした。
 猫たちは食べました。

意外にファンの多いメーカーです。ライト缶はダイエット用で、キャット缶より20%近くもカロリー減ですが、味はそれほど変わりません。「人口香料、防腐剤等、化学的に合成されたものは一切使用されておりません。」との製造元のインフォメーションです。真偽のほどを確かめるための試食なんですが、なにしろ苦手なので、すみません・・・。

目次へ戻る

   
ニュートロ
   
ccポーチ・アダルト 85g 約170円
 チキン&レバー味、サーモン&オーシャンフィッシュ味、
 ターキー&ギブレット味、オーシャンフィッシュ&ツナ味、
ccポーチ・ウエイトマネージメント 85g 約170円
 ゼリーはほぼゼロですので、栄養調整まで素材力でがんばったかな、と思うのですが、なぜか、うちの猫たちには評判よろしくなかったです。

同社には他に、ナチュラルチョイス、グルメクラシック、などのシリーズがありますが、わたしが試食したのは上記のレトルトパックのみです。「全商品が天然の原料を使用し、化学合成保存料や着色料は一切使用していません。高度な天然の酸化防止剤が免疫システムを強化します」と製造元のインフォメーションにあります。鶏肉やひまわり油に多く含まれている、リノール酸とアラキドン酸配合だそうです。

目次へ戻る

  

てなわけで

  

   
総論
   
 たったこれだけの試食と知識で書く項ではないとは思いますが、中間報告としての総まとめです。

 量販店に並んでいる大手メーカーの缶詰は、乱暴に大別すれば2種類です。200g弱のトール缶と、100g弱のミニ缶です。たいていのトール缶はミニ缶の廉価版で、料金はミニの半額です。
 この量販店トール缶が、全部、不味かったです。
 缶が大きいから割安かと思ってましたが、同じ商標のミニ缶はそれほど不味くないことが多いです。なぜでしょう? そもそもあのトール缶の安さは、少々異常でないでしょうか。
 人間用ツナ缶は、一缶だいたい百円弱です。これだけ大量生産されていて宣伝費はろくにかからず、人間が食べられる鮮度のものが、百円弱です。トール缶はその人間用ツナの、グラム換算すれば約半額です。あれだけ宣伝費をかけてる商品を、なぜそんな値段で生産できるのでしょう? 材料費をケチッてるんじゃないか、とカンぐりたくもなるわけです。食べてここまで不味かったのですから。
 安いものは、不味いです。
 高くても美味くないこともありますが、安ければ確実に不味いです。
 雪印や生協の、一連の偽装事件を彷彿とさせる「大企業病」の匂いが、あの数々の量販店トール缶から感じられるのは、気のせいでしょうか?
 いくら高いものあげたって、にゃんこの食べる量なんてタカがしれてます。うちの猫様方には、泣いて吐くほど不味かったので、二度とあげません。

 軒並み中の下だったのは、量販店のミニ缶です。
 素材は人間用ツナより少々劣り、そのかわりそこそこの調理はしてあり、栄養調整はにゃんこの好きなゼリーで固めてあります。うちの子たちは喜んで食べますが、それが素材のせいでなく、着色料着香料などの化学薬品でギトギトにされてるからなのは、パッケージを見れば判ります。人間用にたとえれば、栄養剤入りジャンクフードです。食べてすぐ体調壊すことはないですが、十年食べつづけて体にいいかは判りません。どの大手さんも横並びで、とりたててヒドいのもイイのもありませんでした。
 かろうじて、缶よりレトルトのが素材感ありました。缶よりも加熱時間が少なくて済むので、栄養素や免疫成分が壊れにくいせいかと思います。
 銘柄別評価のほうには、いちおう美味い、的な書き方しましたが、ほとんどのものが調味料入りです。不味くなかったのは塩のせいです。こんな免疫力のない小さな肉食獣に、塩、なんて、あげていいんですかね?

 美味しかったのは、中小企業が自信作として出してくるオーガニック自然食です。
 大田区の町工場地区に代表されるように、戦後の日本は「町工場のおやっさん」に支えられてきた国です。国を代表する企業はトヨタやホンダですが、これらの大企業は、下請け工場から上がってくる部品を組み立てるだけです。芸術ともいえる部品を作っているのは、町工場のものです。ネジ一本に命をかける、大企業を支える技術は、職人肌の頑固親父さんたちです。
 この不況下でも、商品力を誇る企業は、フード業界にもあります。
 わたしが通販編で取り上げたフードは、高価でしょうか?
 トール缶にくらべれば高価かもしれませんが、同品質の人間用食材にくらべれば、むしろ安くはないですか?
 わたしがみつけた美味しい猫ごはんからは、そんな町工場の、がんばってる人の味がしました。良質のものを、より安く。お父さんのがんばる背中が見えました。
 いつか機会がありましたら、あなたにも、あの味を体験してほしいです。トール缶で胃を壊したこともありましたが、作り手の気持ちの伝わるごはんに出会えたときには、本当に嬉しくなりますよ。

 まだ出会ってない美味しい猫ごはん、他にもたくさんあると思います。
 この国も捨てたもんじゃない、と思わせてくれる商品を探して、これからものんびり、このページを更新していきます。

目次へ戻る

  

[猫缶HOME]  [NEXT]